ストレス (ストレス)

タイプA行動パターンについて

1950年代後半にアメリカの循環器科医師によって、心臓疾患(虚血性心疾患)の患者には、特徴的な行動パターンがあることが見いだされました。それが「タイプA行動パターン」と名づけられました。
 
タイプA行動パターンは、過度に競争心が強く、攻撃的でせっかちであることを特徴とします。常に時間に追われ、だれかと競争し、攻撃的でじっとしていられません。
一方、これと対照的に、さまざまな欲求・野心・時間に対する切迫感・競争心・締め切りのある仕事へののめり込みなどの傾向が少ないタイプを「タイプB行動パターン」(Type B Behavior Pattern)とよびます。
 
タイプA行動パターンの人は、タイプB行動パターンの人に比べて、血圧や血中コレステロール値、中性脂肪が高く、狭心症や心筋梗塞の発症率が高いことが報告されています。タイプAの人は、タイプBの行動パターンを学習し、身につけることで、心臓疾患の危険を遠ざけることができるといわれています。
 
 
type A behavior pattern




Warning: file(http://www.100cocoro.com/link_sys/link/1) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 503 Service Temporarily Unavailable in /virtual/cocoro/public_html/www.12counseling.com/archives/2005/08/a.html on line 64

Warning: shuffle() expects parameter 1 to be array, boolean given in /virtual/cocoro/public_html/www.12counseling.com/archives/2005/08/a.html on line 66

▲ページのトップに戻る
※当ページテキストの無断転載、及び流用を禁じます。
© 2005 12counseling.com all rights reserved.