発達障害 (吃音症)

吃音症について

吃音症とは、音を繰り返したり、伸ばしたりすることなどによって、話し言葉の流暢さが損なわれる障害です。
 
DSM-Ⅳにて吃音症は、コミュニケーション障害の中に分類されています。
「あ、あ、あのね」「おな、おな、おなかすいた」というように言葉のはじめの音を繰り返したり、言葉を発する前に「うー」などの意味のない音を絶えずはさむこと、単語の途中で止まったり会話がとまってしまうこと、などがあります。
 
吃音症の原因はいくつかの要因が組み合わさっていると考えられています。まず、なかなか口が回らないなどの吃音になりやすい素因の問題が関係していることがあげられます。また、完璧主義で要求水準の高い親、神経質で几帳面な子ども、という特徴が認められることがあります。これらは子どもの緊張を高め、吃音を定着・持続させやすい要因になるといわれています。

軽症の吃音症の場合は、子どもの不安や緊張を緩和するように親が対応するだけで改善することもあります。
 
 
stuttering




Warning: file(http://www.100cocoro.com/link_sys/link/1) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 503 Service Temporarily Unavailable in /virtual/cocoro/public_html/www.12counseling.com/archives/2005/08/post_115.html on line 66

Warning: shuffle() expects parameter 1 to be array, boolean given in /virtual/cocoro/public_html/www.12counseling.com/archives/2005/08/post_115.html on line 68

▲ページのトップに戻る
※当ページテキストの無断転載、及び流用を禁じます。
© 2005 12counseling.com all rights reserved.