摂食障害 (摂食障害)

過食症の診断の目安について

過食症の診断の目安です。

A.ほとんどの人が同じような時間に同じような環境で食べるより
 も明らかに多い食物を食べる。その間は、食べることを我慢で
 きない・やめられない。
 
B.体重の増加を防ぐために、吐いたり、下剤や利尿剤や浣腸を
 使った排出行動をする。あるいは絶食したり過剰な運動をし
 たりする。
 
C.AとBともに、平均して少なくとも3ヶ月間に渡って週2回起
 こっている。

<治療>
抗うつ薬が、むちゃ食いと排出行動に効果があるとされています。
ストレスや欲求不満といったそれぞれの状況に応じて、問題の解決を援助する精神療法が併用されることもあるようです。




Warning: file(http://www.100cocoro.com/link_sys/link/1) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 503 Service Temporarily Unavailable in /virtual/cocoro/public_html/www.12counseling.com/archives/2005/08/post_136.html on line 72

Warning: shuffle() expects parameter 1 to be array, boolean given in /virtual/cocoro/public_html/www.12counseling.com/archives/2005/08/post_136.html on line 74

▲ページのトップに戻る
※当ページテキストの無断転載、及び流用を禁じます。
© 2005 12counseling.com all rights reserved.