脳への障害 (脳機能障害)

高次脳機能障害支援モデル事業について

高次脳機能障害支援モデル事業について(厚生労働省)
 
事業の主旨
 交通事故や脳血管障害等により脳損傷などを受けた者は、その後遺症により、記憶障害、判断・遂行障害、認知障害などの高次脳機能障害を呈する。
 これらの脳の障害は、複合的に症状が現れることや、外見からはわかりにくいことなどの特徴があることなどから、標準的な評価基準や支援プログラムが未確立なため、適切な対応が十分にとれず、近年、社会的な問題となっている。
 このため、厚生労働省では、平成13年度から3か年の予定で本モデル事業を実施し、国立身体障害者リハビリテーションセンター及び地方自治体・地方拠点病院等が連携し、高次脳機能障害の「評価基準」と「支援プログラム」の確立を図ることとしている。
 
(厚生労働省 高次脳機能障害支援モデル事業について(参考)より一部転載)




Warning: file(http://www.100cocoro.com/link_sys/link/1) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 503 Service Temporarily Unavailable in /virtual/cocoro/public_html/www.12counseling.com/archives/2005/08/post_142.html on line 63

Warning: shuffle() expects parameter 1 to be array, boolean given in /virtual/cocoro/public_html/www.12counseling.com/archives/2005/08/post_142.html on line 65

▲ページのトップに戻る
※当ページテキストの無断転載、及び流用を禁じます。
© 2005 12counseling.com all rights reserved.