発達障害 (チック)

チック障害の分類について

チック障害は、DSM-Ⅳにて次のように分類されています。
 
・一過性チック障害
1~12ヵ月間持続するもので、単一または音声チックを特徴とします。治療としては、親子関係(特に、母親との関係)を改善する必要があるなどの特徴があります。少年児に良く見られ、より軽症であり、特に治療をしなくても自然に消えるものも多くあります。
 
・慢性運動性(あるいは音声)チック障害
運動性または音声チック症状が、最低1年以上持続するものを指します。
 
・トゥレット症候群
運動性チック・呼吸チック・音声チック(卑猥な言葉を叫ぶ「汚言症」を伴う)を含む多発性複雑チックが最低1年以上持続する、遺伝性疾患を指します。
 
 
<発症率>
発症率はかなり高く、学童期では全体の10~20%に及び、明らかに男子に高頻度であると報告されています。

<治療>
身体に直接働きかける薬物療法に加えて、心理的に働きかける精神療法、行動的療法教育的方法、家族に対する支持・治療、などを並行的に行うことが必要だとされます。




Warning: file(http://www.100cocoro.com/link_sys/link/1) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 503 Service Temporarily Unavailable in /virtual/cocoro/public_html/www.12counseling.com/archives/2005/08/post_147.html on line 72

Warning: shuffle() expects parameter 1 to be array, boolean given in /virtual/cocoro/public_html/www.12counseling.com/archives/2005/08/post_147.html on line 74

▲ページのトップに戻る
※当ページテキストの無断転載、及び流用を禁じます。
© 2005 12counseling.com all rights reserved.