発達障害 (吃音症)

吃音症の治療について

吃音症の治療には、親をはじめとする周囲の人に適切な対応の仕方を指導することと、当人の不安や緊張を緩和することが基本的に行われます。これだけで自然に治っていくことが多いとされています。
年齢が上がっても吃音が続いていて、本人がそれを気にして精神的なストレスが強い場合には、リラックス法や遊戯療法などの精神療法が行われるようです。
 
周囲の大人は、吃音を注意したり叱ったりしないこと、他の子ども達のからかいをやめさせる、などの配慮が大切です。吃音を受け入れ、「それでもかまわないからどんどん話そう」という雰囲気づくりが緊張を和らげ症状を軽くすることが多いようです。
 
 
<発症時期>
3歳前後の発症が最も多く、遅くとも小学校入学までには発症するとされています。
子どもでは100人に数人、成人では1人の割合で発症し、男子では女子の3倍くらい多いとされています。




Warning: file(http://www.100cocoro.com/link_sys/link/1) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 503 Service Temporarily Unavailable in /virtual/cocoro/public_html/www.12counseling.com/archives/2005/08/post_149.html on line 64

Warning: shuffle() expects parameter 1 to be array, boolean given in /virtual/cocoro/public_html/www.12counseling.com/archives/2005/08/post_149.html on line 66

▲ページのトップに戻る
※当ページテキストの無断転載、及び流用を禁じます。
© 2005 12counseling.com all rights reserved.