児童・青年期の不適応 (強迫観念)

対人恐怖症について

対人恐怖症とは、人とうまく付き合うためには、こうあらねばならない、という強い強迫観念を持ち、それができない自分は人に不快感を与え、嫌われるのではないかという不安から、対人関係に恐怖と困難を生じることを症状とします。
 
DSM-Ⅳにおける社会恐怖(social phobia)に該当するとされますが、日本人特有の神経症であるとする意見もあります。また、青年期特有の神経症のひとつとも考えられています。
 
 
anthropophobia




Warning: file(http://www.100cocoro.com/link_sys/link/1) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 503 Service Temporarily Unavailable in /virtual/cocoro/public_html/www.12counseling.com/archives/2005/08/post_151.html on line 61

Warning: shuffle() expects parameter 1 to be array, boolean given in /virtual/cocoro/public_html/www.12counseling.com/archives/2005/08/post_151.html on line 63

▲ページのトップに戻る
※当ページテキストの無断転載、及び流用を禁じます。
© 2005 12counseling.com all rights reserved.