児童・青年期の不適応 (対人恐怖)

対人恐怖症の分類について

対人恐怖症には、次の2つのタイプがあります。
 
1.緊張型対人恐怖
 
人の集まる場所で、自分の言動が不適切なためにバカにされたり軽蔑されたりするのではないかとの恐れから、言葉が出なくなり手が震えるなどの症状がでます。
 
2.妄想型対人恐怖
 
人を不愉快にさせ、嫌悪される欠陥(身体的・表情・態度など)があると思い込みから、周囲の人が自分を避けたり噂話をしたりしていると考え、人との接触を恐れます。




Warning: file(http://www.100cocoro.com/link_sys/link/1) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 503 Service Temporarily Unavailable in /virtual/cocoro/public_html/www.12counseling.com/archives/2005/08/post_152.html on line 64

Warning: shuffle() expects parameter 1 to be array, boolean given in /virtual/cocoro/public_html/www.12counseling.com/archives/2005/08/post_152.html on line 66

▲ページのトップに戻る
※当ページテキストの無断転載、及び流用を禁じます。
© 2005 12counseling.com all rights reserved.