児童・青年期の不適応 (虐待)

虐待の通報義務について

重度の虐待をしている保護者の大半が子ども時代に虐待を受けた経験があるという報告があります。
 
虐待をする親たちは、たたかれて育った人、放置されて育った人、愛されずに育った人であるために、怒り方やたたき方は知っていても、ほめ方や抱き方や愛し方がわかりません。そのことが、虐待の連鎖を繰り返す要因であるとされています。
 
この連鎖を、地域で親と子どもを支えていくことで断っていくことが、虐待防止のための地域の重要な役割であるとする考えから、以下のように虐待の通報義務が法律で定められています。

<児童福祉法・児童虐待防止法の規定>
 
虐待の早期発見のための通報義務
1.通報は国民の義務(ただし罰則はない)
2.学校、児童福祉施設、病院等の団体は早期発見に努める義務
3.守秘義務より虐待通告義務が優先
4.秘密漏えいの禁止

*通告先は、市町村の児童相談所あるいは子ども家庭センター等で




Warning: file(http://www.100cocoro.com/link_sys/link/1) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 503 Service Temporarily Unavailable in /virtual/cocoro/public_html/www.12counseling.com/archives/2005/08/post_156.html on line 70

Warning: shuffle() expects parameter 1 to be array, boolean given in /virtual/cocoro/public_html/www.12counseling.com/archives/2005/08/post_156.html on line 72

▲ページのトップに戻る
※当ページテキストの無断転載、及び流用を禁じます。
© 2005 12counseling.com all rights reserved.