その他 (家族)

アダルトチルドレンの日本の現状について

日本でアダルトチルドレン(AC)という言葉が使われ始めたのは、アメリカのクラウディア ブラック(Claudia Black)の著書「It will never happen to me」(1981)が、「私は親のようにならない」(1989)として、邦訳出版された前後からです。
 
精神科医の斎藤学は「アダルトチルドレンと家族」の中で、「アダルトチルドレンとは、安全な場所として機能しない家庭で育ち、成人して、生きづらさを抱えながら生きている人。その人が、生きづらさの理由としてたどりついた自覚である」と述べ、多くの「生きづらさを抱える」日本人に共感を得ました。
 
続いて、1990年代後半には、アダルトチルドレン関連書籍の出版ラッシュがあり、アダルトチルドレンという言葉はマスコミに取り上げられてブームとなり、広く知られるようになりました。
 
このような一般用語としてのアダルトチルドレンは、この語の持つあいまいさと安易な使われ方が嫌われたために、伝統的精神医学からは排除されつつあり、今では嗜癖問題関係者と一般人々の用語になっています。

アダルトチルドレンブームの一方では、アダルトチルドレンのあいまいさに対する反発もあり、「何でも親のせいにするな」というような、ひどく表面的なものも目立ちました。
 
けれども、アダルトチルドレン問題がアルコールや薬物などの嗜癖や、虐待など心的外傷の世代連鎖の問題を広く一般に知らしめた意義は大きいとする意見も多くみられます。




Warning: file(http://www.100cocoro.com/link_sys/link/1) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 503 Service Temporarily Unavailable in /virtual/cocoro/public_html/www.12counseling.com/archives/2005/08/post_159.html on line 66

Warning: shuffle() expects parameter 1 to be array, boolean given in /virtual/cocoro/public_html/www.12counseling.com/archives/2005/08/post_159.html on line 68

▲ページのトップに戻る
※当ページテキストの無断転載、及び流用を禁じます。
© 2005 12counseling.com all rights reserved.