不安障害 (不安)

強迫性障害について

強迫性障害は、不合理な観念と、理性的な思考との間で、思い悩み苦しむ不安障害です。
 
自分でもばかばかしいと思いながら「~が気になって仕方がない」、「~しないと気がすまない」という考えや衝動が頭の中を占領し(強迫観念)、それに従う行動を何度も繰り返すこと(強迫行為)に、多くの時間を浪費します。重症例では、1日の大半を強迫行為に費やすことも見られます。
 
強迫行為は、強迫観念を取り除くためのおまじないのようなもので、不必要とわかっていても安心できず止めることができません。無理に抑えようとすると強い不安に襲われるため、日常生活や人間関係が困難になります。
 
強迫性障害として、よくみられるものに、ガスの元栓や鍵の確認、手洗いなどがあります。
この障害をもつ人は自分の行為が奇妙だということを知っている点で、現実との接触が失われた精神病と区別できます。
当人は、周囲の困惑や非難を恐れるために、自分の強迫観念と、それを打ち消す行為に費やす時間を隠そうとします。
うつ病との合併が高い割合で見られることも特徴です。
 
 
<発症時期>
通常青年期に男女差なく発症します。
半数は、ライフイベント(引越し・卒業・昇進・転勤など)によるストレスに続いて急に発症します。
 
 
<治療>
抗うつ薬と行動療法や指示的な精神療法の併用による治療が行われます。




Warning: file(http://www.100cocoro.com/link_sys/link/1) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 503 Service Temporarily Unavailable in /virtual/cocoro/public_html/www.12counseling.com/archives/2005/08/post_18.html on line 74

Warning: shuffle() expects parameter 1 to be array, boolean given in /virtual/cocoro/public_html/www.12counseling.com/archives/2005/08/post_18.html on line 76

▲ページのトップに戻る
※当ページテキストの無断転載、及び流用を禁じます。
© 2005 12counseling.com all rights reserved.