心理検査 (人格検査)

知能検査の分類について

知能検査は、形式的な実施法の違いによって、個別式検査と集団式(団体式)検査の2つに分けられます。
 
個別式の知能検査は検査者が被験者に対して1対1で実施するもので、書く・話す・動作などの多様な反応を見ることができます。反面、実施には手間がかかり、検査者の熟練を要します。
 
集団式の知能検査は、実施は比較的簡単で、一度に多人数を対象として実施できるので効率的ですが、プリント形式であるために検査の種類は制限されます。
 
個別式は、心理・教育相談などさまざまな場面で使用され、個人の発達水準を知るための発達診断の1つの手段とされます。集団式は、就学時健康診断や小・中学校などで実施されています。
 
集団式検査によって、一定の基準に達しない子どもについては、さらに個別式検査を実施して判断することが多くみられます。




Warning: file(http://www.100cocoro.com/link_sys/link/1) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 503 Service Temporarily Unavailable in /virtual/cocoro/public_html/www.12counseling.com/archives/2005/08/post_187.html on line 64

Warning: shuffle() expects parameter 1 to be array, boolean given in /virtual/cocoro/public_html/www.12counseling.com/archives/2005/08/post_187.html on line 66

▲ページのトップに戻る
※当ページテキストの無断転載、及び流用を禁じます。
© 2005 12counseling.com all rights reserved.