身体表現性障害 (ヒステリー)

転換性障害の症状について

転換性障害とは社会的または精神的につらい出来事が引き金となって起こる身体表現性障害です。以前は、転換型ヒステリーとよばれていた神経症です。
 
人は自分自身ではどうすることもできないと強く思い悩み、精神的に追い込まれると病気になることがあります。この障害は、このような、解決不可能なストレスや葛藤によって、こころが受けた不快な感情が、精神症状ではなく身体症状に置き換えられることによって生じます。
身体的には異常がないのに、声が出なくなったり、腕や足が動かなくなったりします。 はじめは身体の病気と区別がつかないために、医師に医学的検査と治療を強く求めることが多いようです。
 
当人は、自分の基本的な問題が精神的問題であることを認めようとしない傾向があります。それは、この障害の人にとって「病気」であることになんらかのメリットがある(疾病利得)ためだと考えられています。
 
転換性障害の人は、人間関係で極端に依存的になる傾向があります。たびたび自分の病気の苦痛を訴えては人を頼るようになり、子どもっぽくなったり、甘えるような行動を示すこともあります。そして、まわりの人に無理難題を要求したりすることもあるようです。
 
 
<発症時期>
転換性障害は、青年期から成人期初期にかけて起こる傾向にありますが、幅広い年齢で発症します。男性より女性に多く発症すると考えられています。
一生に1回の発症で済む場合と、その後も時々起こる場合とがあります。
 
 




Warning: file(http://www.100cocoro.com/link_sys/link/1) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 503 Service Temporarily Unavailable in /virtual/cocoro/public_html/www.12counseling.com/archives/2005/08/post_22.html on line 70

Warning: shuffle() expects parameter 1 to be array, boolean given in /virtual/cocoro/public_html/www.12counseling.com/archives/2005/08/post_22.html on line 72

▲ページのトップに戻る
※当ページテキストの無断転載、及び流用を禁じます。
© 2005 12counseling.com all rights reserved.