ストレス (欲求不満)

欲求不満耐性について

欲求不満耐性とは、フラストレーションの状態に陥ったとき、攻撃的反応・退行的反応・固着的反応といった不適切な行動をとることなく、その状態に耐え、我慢して、待つことができる人がいます。
このようなフラストレーションに耐えうる能力あるいは乗り越える能力のことを欲求不満耐性(フラストレーショントレランス)といいます。
 
これは、ローゼンツヴァイク(Rosenzweig.S)によって提唱された概念で「不適応な反応様式にうったえることなしに、フラストレーションに耐えうる個人的能力」と定義されました。
 
欲求不満耐性は、人に生まれつき備わっているものではありません。
幼児期からの生活の中で、周りから愛されて肯定的な自己イメージをもち、適度な欲求の充足と阻止を体験することと、周囲の人間がフラストレーション状況における適切なモデルとなることによって形成されるといわれています。
 
 
Frustration Tolerance




Warning: file(http://www.100cocoro.com/link_sys/link/1) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 503 Service Temporarily Unavailable in /virtual/cocoro/public_html/www.12counseling.com/archives/2005/08/post_34.html on line 65

Warning: shuffle() expects parameter 1 to be array, boolean given in /virtual/cocoro/public_html/www.12counseling.com/archives/2005/08/post_34.html on line 67

▲ページのトップに戻る
※当ページテキストの無断転載、及び流用を禁じます。
© 2005 12counseling.com all rights reserved.