摂食障害 (摂食障害)

拒食症について

拒食症(神経性無食欲症)は、やせるための異常な努力と、ボディ・イメージの極端な歪みを特徴とします。
太っているわけではないのに「やせたい願望」を強く持ち、決して現状に納得することがありません。
 
拒食症は、「無食欲症」といいますが、食欲がないわけではなく、食欲は特異な形で抑えられていると考えられています。極端なダイエットの一方で、食べ物を家中に隠す・大量に持ち歩くなど、食に対する異常性が目立ちます。また、その異常性を他人に指摘されても決して認めない「否認」の強さも、この障害の大きな特徴であるとされます。
 
拒食症の人は「やせていない・空腹ではない・疲れない」と頑なに主張することが多く、治療へ結びつけることが難しいとされています。
 
拒食症の心理的背景には、やせたい願望に加えて、大人になることの拒否・性的接触への恐れ・幼いころの母子関係の歪み等が影響することが多くみられるようです。




Warning: file(http://www.100cocoro.com/link_sys/link/1) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 503 Service Temporarily Unavailable in /virtual/cocoro/public_html/www.12counseling.com/archives/2005/08/post_36.html on line 63

Warning: shuffle() expects parameter 1 to be array, boolean given in /virtual/cocoro/public_html/www.12counseling.com/archives/2005/08/post_36.html on line 65

▲ページのトップに戻る
※当ページテキストの無断転載、及び流用を禁じます。
© 2005 12counseling.com all rights reserved.