人格障害 (人格)

反社会性人格障害について

反社会性人格障害とは、他人の権利や感情を、平気で無視・侵害する発想や行動の仕方を特徴とする「B群」の人格障害です。
 
以前は精神病質人格、社会病質人格とよばれていました。男性に多いとされています。
将来の計画を立てることができず、衝動的で、自分の行動がどういう結果を招くか考えないので、我慢ができず、人に敵意を示したり暴力的になったりすることがあります。
 
反社会性人格障害の人は、犯罪的行為・詐欺行為・喧嘩や暴行・義務違反等々、さまざまな違法行為を繰り返しますが、そのことで他人を傷つけても後悔や罪の意識を感じません。むしろ、言葉巧みに自分の行動を正当化したり、ほかの人のせいにしたりします。
人に対して不誠実で、欲しいものを手に入れるため、自分が単に楽しむために、人を平気で騙します。
 
また、反社会性人格障害は、アルコール依存、薬物依存、性的に逸脱した行動などに陥りやすい傾向があります。
反社会性人格障害の人は、反社会的な行動、薬物などの乱用、離婚、暴力などが日常的な環境で育っていることが多いと報告されています。小児期に養育放棄(ネグレクト)や虐待を経験していることもあり、年齢にふさわしい、社会的基準や規範を獲得できなかったものと考えられています。
 
 
antisocial personality disorder




Warning: file(http://www.100cocoro.com/link_sys/link/1) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 503 Service Temporarily Unavailable in /virtual/cocoro/public_html/www.12counseling.com/archives/2005/08/post_43.html on line 69

Warning: shuffle() expects parameter 1 to be array, boolean given in /virtual/cocoro/public_html/www.12counseling.com/archives/2005/08/post_43.html on line 71

▲ページのトップに戻る
※当ページテキストの無断転載、及び流用を禁じます。
© 2005 12counseling.com all rights reserved.