人格障害 (心気症)

演技性人格障害について

演技性人格障害とは、人目を引くための演技的で過剰な感情表現と身体的演出を特徴とする「B群」の人格障害です。
 
常に注目を集めたがり、そうしないと楽しむことができません。外見をとても気にし、感情表現が大げさで芝居がかっていて、軽薄な印象を与えます。
 
表現力豊かで生き生きしているため、友人はすぐにできますが、大げささや子供っぽさ、わざとらしさが感じられ、人の同情や関心を集めたいという意図がうかがわれるため、友好関係は表面的で、一時的なものに終わります。
 
また、性的に誘惑するような行動を取ったり、性的ではない人間関係を、性的なものと思い込んで、周りに言いふらしたりします。けれども、誘惑的な言動の裏には、頼りたい、かまって欲しい、守ってほしいという欲求があるとされます。
依存的な願望は隠れていることも多く、心気症的な性質を帯びている場合もあり、注意を引くために体の不調などを大げさに訴えることもあります。
 
演技性人格障害の人は、暗示にかかりやすい傾向があり、感情的な出来事に関しては記憶が鮮明ではないことが指摘されています。
 
 
histrionic personality disorder




Warning: file(http://www.100cocoro.com/link_sys/link/1) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 503 Service Temporarily Unavailable in /virtual/cocoro/public_html/www.12counseling.com/archives/2005/08/post_44.html on line 68

Warning: shuffle() expects parameter 1 to be array, boolean given in /virtual/cocoro/public_html/www.12counseling.com/archives/2005/08/post_44.html on line 70

▲ページのトップに戻る
※当ページテキストの無断転載、及び流用を禁じます。
© 2005 12counseling.com all rights reserved.