人格障害 (利己的)

自己愛性人格障害について

自己愛性人格障害とは、根拠なく自分が重要人物だと思い込む誇大な感覚と、その感覚による利己的な行動を特徴とする「B群」の人格障害です。
 
自分は特別の存在なので、人に賞賛されたり、歓迎され厚遇されるのは当然だと信じています。そのため尊大で傲慢な態度をとります。優越感が異常に強く、他人の欲求や信念は無視して、人を自分のために当たり前のように利用します。他人の気持ちや欲求に共感する心が欠如していて、他人を嫉妬したり、あるいは他人が自分に嫉妬していると思い込んだりします。
 
自己愛性人格障害の人は、自分の失敗や敗北、他人からの批判などに極度に敏感です。高い自己評価を満たせないと、すぐに激怒したり、ひどく落ちこんだりします。周囲に迷惑な行動を起こし、自己中心的、傲慢、利己主義とみなされ、対人関係を保つことができません。
 
 
narcissistic personality disorder




Warning: file(http://www.100cocoro.com/link_sys/link/1) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 503 Service Temporarily Unavailable in /virtual/cocoro/public_html/www.12counseling.com/archives/2005/08/post_46.html on line 63

Warning: shuffle() expects parameter 1 to be array, boolean given in /virtual/cocoro/public_html/www.12counseling.com/archives/2005/08/post_46.html on line 65

▲ページのトップに戻る
※当ページテキストの無断転載、及び流用を禁じます。
© 2005 12counseling.com all rights reserved.