脳への障害 (高次脳機能障害支援モデル事業)

高次脳機能障害について

「高次脳機能障害とは、頭部外傷、脳血管障害等による脳の損傷の後遺症として、記憶障害、注意障害、遂行機能障害、社会的行動障害などの認知障害が生じ、これに起因して、日常生活・社会生活への適応が困難になる障害である」と高次脳機能障害支援モデル事業において行政的に定義されています。
 
認知障害とは、脳にインプットされた情報を、その場に適した形に加工してアウトプット(行動)する脳の働きの障害です。高次皮質機能障害ともいわれます。

身体の障害が治り、高次脳機能障害だけが後遺症として残った場合、当人は障害の存在に気づかないことが多くみられます。当人も周囲の人にも、どうして病気や事故以前と同じように振る舞えないのか分からないまま、職場や学校で人間関係のトラブルを繰り返すことも多く、社会復帰が困難な状況が多くみられます。

そこで、厚生労働省によって平成13年度から、高次脳機能障害支援モデル事業が実施されています。
  
 
higher cortical dysfunction




Warning: file(http://www.100cocoro.com/link_sys/link/1) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 503 Service Temporarily Unavailable in /virtual/cocoro/public_html/www.12counseling.com/archives/2005/08/post_55.html on line 65

Warning: shuffle() expects parameter 1 to be array, boolean given in /virtual/cocoro/public_html/www.12counseling.com/archives/2005/08/post_55.html on line 67

▲ページのトップに戻る
※当ページテキストの無断転載、及び流用を禁じます。
© 2005 12counseling.com all rights reserved.