不安障害 (PTSD)

心的外傷後ストレス障害(PTSD)の治療について

感情の表出を促す支持的な精神療法や、症状にあわせた薬物療法が基本です。
また特定の場面に対する認知の仕方や対応の仕方を修正する認知行動療法などによって行われるようです。
 
かかわる人は、重大な出来事がストレスとなるのは当然のことだと認めてあげて、当人や親を安心させること。出来事の正確な事実関係を理解してもらうこと。また、その出来事やそれに伴う苦悩についての話をよく聞くことも重要です。感情を充分に吐き出すことができるような態度で接します。
 
 
<発症率>
生涯でこの病気にかかる人の割合は、少なくとも100人に1人とされています。戦闘経験者や犯罪的暴力の犠牲者といった高ストレスを経験した人々だけをみると、その率は3~58%と報告されています。




Warning: file(http://www.100cocoro.com/link_sys/link/1) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 503 Service Temporarily Unavailable in /virtual/cocoro/public_html/www.12counseling.com/archives/2005/08/ptsd_1.html on line 63

Warning: shuffle() expects parameter 1 to be array, boolean given in /virtual/cocoro/public_html/www.12counseling.com/archives/2005/08/ptsd_1.html on line 65

▲ページのトップに戻る
※当ページテキストの無断転載、及び流用を禁じます。
© 2005 12counseling.com all rights reserved.