摂食障害について

身体の病気や特定の精神疾患が原因ではなく、心理的な原因によって異常な食行動を続ける状態を摂食障害といいます。
 
この障害は、食べないことで極端に痩せることを主症状とする「神経性無食欲症(拒食症)」と、むちゃ食い嘔吐を繰り返すことを主症状とする「神経性大食症(過食症)」の2つのタイプに分けられます。
 
摂食障害の人に共通する特徴としては、
 
・成熟への恐怖と成人としての責任を持つことへの抵抗がある。
・体重のコントロールがその人のすべてであり、自分への無力感がある。
・コントロールを失うことへの恐怖、肥満への恐怖が強い。
・思考形式の障害、自己評価が低い、他人の評価にとらわれる。
 
等があげられます。
 
 
eating disorder



Warning: file(http://www.100cocoro.com/link_sys/link/1) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 503 Service Temporarily Unavailable in /virtual/cocoro/public_html/www.12counseling.com/archives/e10sessyoku/index.html on line 68

Warning: shuffle() expects parameter 1 to be array, boolean given in /virtual/cocoro/public_html/www.12counseling.com/archives/e10sessyoku/index.html on line 70
▲ページのトップに戻る
※当ページテキストの無断転載、及び流用を禁じます。
© 2005 12counseling.com all rights reserved.